冬至とゆず湯

冬至とは

冬至は、昼間が一番短い日です。
夜が一番長くなる日でもあって、この日を境目にして、昼間の長さが長くなっていきます。
そのため、昔は冬至を一年の最後の日、と考えていたそうです。

ゆず湯

冬至以降、寒さが厳しくなっていくため、お風呂のお湯にゆずを浮かべて「ゆず湯」に入り、体を温めます。
ゆずには、血管を広げて、血液の流れを良くして、新陳代謝を促進して、冷えや疲労回復が期待できます。
さらに、ゆずの皮には精油の成分があって、肌がうるおう効果もある、といわれています。
さらに、皮に含まれているビタミンCやクエン酸が、肌を白くする効果もあるらしいです。

冬至に食べるかぼちゃ

日本には、保存の利くかぼちゃを、冬至の日に食べる風習があります。
かぼちゃには、体の中でビタミンAに変わるカロテンがとても多く含まれているため、昔は食べ物が少なくなってしまう冬の貴重な栄養源でした。
さらに、比較的長期間保存ができるため、とても重宝される野菜でした。