敬老の日とは

敬老の日について

長寿を祝い、お年寄りをいたわる日が「敬老の日」です。

「敬老の日」はいつから始まった

敬老の日が始まったのは、聖徳太子が身寄りのないお年寄りなどを救護するための施設、「悲田院」を9月15日に設立した事が起源となっている、と言われています。
1951年になると、中央福祉審議会がお年寄りを敬愛する日とした「としよりの日」を決めます。
その後、名称を「老人の日」に変更します。
1966年には、「敬老の日」が国民の祝日となり、2003年からは9月の第三月曜日に変更されています。

さらに詳細を知りたい方は、こちらも参考にしてください。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%AC%E8%80%81%E3%81%AE%E6%97%A5

海外の敬老の日?

日本国内だけではなくて、実は海外にも、同じように年配の方を敬う日があります。

アメリカでは、9月の第二日曜日に「祖父母の日」があって、孫が祖父母に対して花やカードなどを贈るそうです。

年配の方を思いやる気持ちは、日本だけのものではなく、海外にもあったんですね。

敬老の日に何を贈る?

敬老の日には、特に何を贈る、と言うことは決まっていないようです。
心のこもった物ならば、おじいちゃん、おばあちゃんは何でも喜んでくれるでしょう。