お正月に食べるもの

お正月には何を食べる?

お正月といえば、日本ならではの風習、という感じがしますね。
では、お正月に食べるものといえば、何を思い浮かべるでしょうか?

まず思い浮かぶのが、「おせち料理」でしょう。
おせち料理は、正式なものはお重が4つ重なっているものです。
今では、3段重ねのおせちが一般的になっています。

デパートなどで買えるおせちも、3段が多くなっています。
こちらを参考に:高島屋 おせち

お雑煮も欠かせない

次に、お雑煮も正月に欠かせない料理でしょう。
地域によって、角餅、丸餅が使われるようですが、主に関東では角餅、関西では丸餅が使われているようです。

味付けも関東と関西では違っていて、関東は出汁をきかせた醤油味、関西では味噌仕立ての雑煮が多いようです。

みんなが集まることが大切

お正月のおせち、お雑煮は、「絶対にこうしないといけない」というものはありません。

お店で買えるおせちも、形式にとらわれないものもかなりあるようで、お子様向けのキャラクターのお重の中に、子供が大好きな食べ物を詰め込んだキャラクターおせち、というものもあります。

一年の始まりに、みんなが集まって、おいしいものを食べる、ということが大切といえるでしょう。